図解でわかる カーボンニュートラル

書評

カーボンニュートラルって最近聞くけどよくわからない人が多いかもしれません。
2020年10月の国会における菅義偉内閣総理大臣の所信表明演説で2050年までにカーボンニュートラル、脱炭素社会を目指すという宣言があったことは記憶に新しいですが、時代は低炭素から脱炭素のフェーズに転換しています。

そもそもカーボンニュートラルとは、温室効果ガス(GHG:GreenHouseGas)を全体としてゼロにする趣旨のため、CO2だけに限らず、メタン(CH4)、一酸化二窒素(N2O)、フッカガスを含むGHG全てを対象にしています。

CO2以外のGHGは100年温暖化ポテンシャル係数で重み付けしてCO2等価換算されて評価されます。

ここで、ニュートラル(中立)とは、排出せざるを得なかった分については同じ量を吸収または除去することで、正味ゼロ(ネットゼロ)を目指すということとなります。

今回紹介する本は、一般財団法人エネルギー総合工学研究所が書いた”図解でわかる カーボンニュートラル”という本であり、ざっくりカーボンニュートラルの定義や世界的な動向を知りたい方にはとっておきの本です。


そもそも再生エネルギーってなに?

再生可能エネルギー(再エネ)ってなに?という質問に対して、太陽光や風力などのエネルギーと回答することは多くの人ができると思いますが、”利用する以上の速度で自然界からエネルギーが補充される資源”と回答できる人は少ないと思います。

さらに上記2つの他にも、水力・地熱・太陽熱・その他の自然界に存在する熱・バイオマス(動植物に由来する有機物)の合計7種類が法律として決められています。

再エネは、利用するときにCO2を出さずに国内で得ることができることからも”カーボンニュートラル”を実現するためには欠かせないものとなっています。
しかし、その出力は、自然環境に左右され自然災害等も考慮しなければならない。さらに、エネルギー密度が低いため、広大な土地が必要となるため、日本へ導入できる量に限界があることも認識する必要がある。

CO2の分離・回収および貯留・固定技術

化学吸収法

工業的に使われている最も主流な方法で、燃焼後分離ではほとんどがこの方法である。
装置は、吸収塔と再生塔からなり、排ガスを吸収塔に通して、吸収液と接触させることでCO2を除去する。
CO2を多く含んだ吸収液は再生塔に送られ、熱を加え、温度を上げることでCO2が分離される。

CO2を回収する技術は、石油精製や天然ガス精製の分野では古くから応用されていたが、生産に必須な装置という点が、これからのCO2回収とは異なります。

例えば、火力発電所を例にとると、CO2削減は利益を産まない工程であるため、いかにコストを安くできるかが、CO2分離回収技術に求められてくる点についても理解を深めておく必要があります。

地中貯留

分離・回収されたCO2が待機中に放散されないように、固定化する方法として、地中に貯留する方法が挙げられる。一般的にCCS(Carbon Capture and Storage)と呼ばれ、地中の砂や礫からなる多孔質の浸透性の地層で地下水に満たされている帯水層に圧入する他に、使われなくなった、枯渇油・ガス油田に注入する方法がある。

なお、貯留したCO2が大気中に放出しないように、帯水層の上部には不透水層(キャップロック)が必要となる。

本ブログには一般的な回収技術・貯留技術の紹介としますが、他の技術に興味がある方は、書籍を読んでみてください!

まとめ

カーボンニュートラルの考え方、世界や日本で既に行われていること・これから研究が進んでいくものなど、さまざまな知識を得るためには最適な本です。

地球温暖化については、遠い未来ではなく、われわれのほとんどが生きている間に危機的状況に陥る可能性があります。

そのため、個人個人で知識を得て、ひとつひとつの積み重ねを実践する必要があると感じました!

コメント

タイトルとURLをコピーしました